スタップ細胞とは何だったのか!?小保方騒動から振り返る

最近テレビで小保方さんを見ました。少しやせていたイメージがありました。スタップ細胞を巡って騒ぎとなり、研究をしている同僚の方は自殺までしてしまいましたよね。大きな話題のニュースともなりましたが、スタップ細胞って何だったのでしょうか?

人間の体に関係している問題でもあり、人間の体には200~300種類の細胞から構成されていると言われています。細胞の分類ですが、体細胞と生殖細胞があります。体細胞は脳や筋肉、内臓、骨、皮膚などの体を構成するための細胞です。

生殖細胞は具体的に精子や卵子のことで生殖で子づくりをする際に関わってくる細胞で遺伝情報を子供に伝える役割があると言われています。体が機能していくためには、どちらの細胞も重要と言えます。

研究を行ってスタップ細胞を若くで作ったと言う話から、騒ぎとなり様々な問題が起きてしまいましたが、個人的には、小保方さんのせいだったのでしょうか?上の人がきちんと確認していたらこんな事にはならなかったのではないかと感じます。

実際に、若い人の研究を認めていくことにより、救われる命も沢山あると思いますが、優秀な方の職を失ってしまうと言う結果に繋がったのは彼女だけの問題ではないような気がします。

アメリカではスタップ細胞ができたと言われていますが、同じ方法ではなく、研究を行った結果と言う問題もありました。実際に、色々な施行を試した結果だと思います。何もやらない幹部の人たちは自分の責任を逃れるために、逃げる道を選んでいます。

実際に、ブログなどでもスタップ細胞はありますと公開していますし、テレビでもはっきりと伝えていると言う点では、他の方より彼女は凄いと感じるのは私だけでしょうか。真相がはっきりとしないままどこかにいった話になりましたが、実際に何度も挑戦することは大事だと思います。

研究者などは様々な方法を行って結果を出していますが、論文などでは真相を書いていないと言うのは問題だと思いますが、誰かに知られるとその方が自分がと言うことも実際に研究者の間では多いような感じがします。私がドラマの見すぎなのかもしれませんが、世の中で信じることができる職場の人間ってそんなにいませんよね。

 

私が嫌いな女!こういうメイクをしている女は好きにはなれません。

女性にとってメイクはどういう意味があるのでしょうか。
やはり自分をキレイに見せたり、
身だしなみを整えたりするためにメイクをする人が多いみたいですね。

でも、たまにメイクをした事で嫌われてしまう女性もいます。
今回は「嫌われる女性のメイク法」について考えてみましょう。

まず、恐らく男性にも女性にも不評なのが、ファンデーションが厚塗りの人。
素顔が見えないという不気味さと、
そばにいても粉っぽい感じがして嫌だと感じる人は多いようです。
女性からは「気合を入れすぎてる感じがイヤ」という意見もあります。
メイク直しにも時間がかかるので、男性はデートでも待たされそうですね。

それからチークが目立ち過ぎたり、唇がテカっている女性も嫌われます。
これは男性からは「色っぽくて良い」という意見もあるようですが、
女性からは「男を誘っている」と思われてしまうのかもしれませんね。
食事の際に、リップグロスがグラスや食器につくと、
不潔そうに見えるのも良くないのかもしれません。

また、まつ毛メイクのやり過ぎも人気がありません。
まつ毛メイクは、キレイに維持するのが難しいので、
気づかないうちに妙な感じになっている人も少なくないのです。
目力が出るので可愛く見える人もいますが、
無意識に目の動きを制限しているせいか「目だけが笑っていない」状態になって、
その不自然さに、不信感を抱かれてしまうこともあるでしょう。

皆さんはどんなメイクをしていますか?
このように嫌われるメイクになっていないか…
再確認して、気をつけてくださいね!

私のオススメはやはりナチュラルメイクです。
ナチュラルメイクにこだわるのであればコヨリ美容液オイルをオススメします。

※coyoriコヨリ美容液オイルの口コミ集!本音で評価(写真あり)! 

カラコンで寄生虫?使い方を間違えるな!

皆さんは、カラコンを使用して寄生虫に寄生されてしまった!という衝撃的な話をどう思いますか?

最近ネットでもよく出ていますが、
このショッキングな画像を見て、怖くなった人も多いと思います。

寄生虫に寄生されても、最初は分からなくて、
1ヶ月位して成虫になって動くようになってから目ヤニなどの症状が出るそうです。
虫は目の膜の下に入っているので発見しづらいようです。
違和感があって目をこすったために、角膜が傷つくこともあり、
放置しておくと、結膜炎を起こしたり視力減退や失明してしまうこともあると言われています。

今回のカラコンでの寄生虫騒ぎは、
ネットの画像が本当に寄生虫なのかどうかも疑問視されていますが、
韓国や中国で生産されたカラコンだったみたいで、品質には問題があったようです。

例えば中国のカラコンには、
こすっただけで色落ちするような品質が良くない物があるみたいなので、
できるだけ日本製のコンタクトを選んだ方が良いと思います。

それから、寄生虫ほど恐怖感はないですが、
私たちの身近には細菌が沢山います。

一度目に入れてから取り出したレンズは、
細菌が発生しやすくなるので、消毒はしっかり行いましょう。

それから、コンタクト使用する前は、必ず手洗いをしないと、
指についている細菌が目に入ってしまう危険性があります。
特にカラコンは色が付いているため、汚れが分かりにくいですね。
必ず清潔な手で扱わなければいけません。

カラコンなどのコンタクトを使用する時は、
使い方を間違えて、目のトラブルを起こさないように注意してくださいね。

 

 

チークを長持ちさせる方法を考えてみました。

チークは、顔色を明るく健康的に見せてくれて、
女性っぽさも演出してくれる優秀アイテムですね。

しかし、朝つけても夕方になったら、
何だか薄くなってしまうことは少なくないようです。
だからといって濃く付け過ぎると、
真昼間から酔っ払いみたいになってしまって最悪ですよね。

そこで、チークを長持ちさせる方法がないか考えてみました!

まず、ベースメイクはいつも通りに行います。
この時に崩れにくいベースメイクを選んでおくと良いかもしれません。

ファンデーションを塗ってから、
指でクリームチークを取って頬に伸ばしていきます。
笑った時に、頬骨の一番高い所につけるのがポイントです。
キュートに見せたいなら丸くつけて、
大人っぽく見せたいなら、やや横長につけると良いと思います。

パウダーファンデーションを使う人は、この時につけてください。
チークの部分はなるべくつけないようにしましょう。

次に、パウダーチークをブラシにとってから、
クリームチークをつけた上に軽く重ねます。
少しクリームチークより広めにつけた方が、キレイに仕上がりますよ。

この方法だと、チークがいつもよりも長くキープ出来ると思います。

ドラッグストアなどでは、
メークした後に化粧落ち予防のスプレーも販売しているみたいなので、
そういった物を使ってみるのも良いかもしれませんね。

チークを長持ちさせるためには、
他にも幾つか方法があるみたいなので、自分に合った方法を探してみましょう。

 

 

眉毛の形でずいぶん変わる顔の印象・・・

TVなどで昔のアイドルの映像が流れた時に、
「眉毛が太くて野暮ったい!」と感じたことがある人はいませんか?

眉毛には流行があって、その時代によって様々ですね。
一昔前は細眉が流行っていましたが、最近はまたやや太眉が流行っているようです。

このように流行によって移り変わる眉毛の形は、顔の印象を決めるだけでなく、
その人が美人か美人でないかまで決定することもある大切な部分です。

例えば、 眉毛と目の間が広すぎると、のっぺりとした間抜けな印象になってしまうそうです。
世間の美男美女は、ほとんどが眉毛と目の間の距離が短いのだと言われています。

また、眉毛が上がり眉なのか、下がり眉なのかによっても印象はかなり違ってきますね。
AKB48のまゆゆも、デビュー当時はそうでもなかったのに、
今は下がり眉で泣きそうな顔になっています。
下がり眉になってから「守ってあげたいキャラ」で男性ファンが急増したとか。

そういえば、私の知人にも眉毛がキリッと上がったカッコいい女性がいました。
バリバリのキャリアウーマンだったのですが、彼氏いない歴が年齢と同じ。
彼女はどうしても結婚したくて結婚相談所に行って、
アドバイスを受けて髪型とメイクを変えました。
すると半年後、みごとに結婚!
結婚式で彼女に会うと、眉毛が上がり眉では無くなっていました。

やっぱり眉毛の形で、人に与える印象ってすいぶん変わるんでしょうね。

 

 

 

超時短!今の私のメイクアップ法・・・

朝は忙しいので、メイクにかけてる時間がない!って人は多いですよね。

メイクを簡単に終わらせる事は可能かもしれないけど、
だからといって手抜きメイクでは、
平坦な顔になって見た目的に良くないし、
メイクが崩れやすくなるので気をつけましょう。

そこで、私が行っている手抜きじゃない超時短のメイク術を紹介します!

まず、洗顔後に化粧水や乳液をつけてから、BBクリームをつけます。
以前は化粧下地クリームをつけていたのですが、
今のBBクリームには下地はもちろん、
保湿や美容液効果、UV効果があるものが多いので、
これ1本でファンデーションもいらないくらい肌がキレイに仕上がります。

もしシミなど気になる所があったら、
そこだけコンシーラーで補正するとOK。

アイブロウやアイライナーは、
黒みががった茶色で髪の色に合わせた物を使います。
アイラインはひいてから、指でぼかしてアイシャドウも兼ねてしまいます

それからファシオのマスカラで、まつ毛をカールさせます。
ビューラーを使わなくても立体感がキレイに出て、
しっかりメイクに見えるんですよ。
滲まずにすぐ乾くので、忙しい朝にはおススメかもしれません。

最後に、私はピンク系のチーク&リップを使って仕上げています。
頬は立体的になるように薄くつけて、唇はしっとり潤っているようにつけます。

私はこれだけやって3分~5分くらいでしょうか。

時短メイクをするためには、
前もって自分がどんなメイクが合うのかを知っておく事も大切です。

皆さんも自分に合った超時短メイク術を見つけてくださいね。

 

 

男から見たやめてほしい女のメイク・・・

女性と男性では価値観は異なるものです。

女がいいと思っているものでも男からしてみればやめてほしいと思うことは世の中多々ありますよね。

その一つがメイク法。

男がやめてほしいと思う代表的な女のメイクをご紹介します。

1.まつげバサバサ

最近というかずいぶん前からつけまつ毛が流行していますよね。
コンビニとかドラッグストアに行っても必ずつけまつ毛が売られています。

確かに、まつ毛をつけることで人の印象というのはずいぶん変わるものです。
ないよりあったほうが女性らしいと言えるでしょう。

ですが、

近くで見て、バサバサのまつ毛ってちょっと男からしてみれば気持ち悪いものですよ。
あれはちょっとやめてほしいですね。

2.目のアイライン

あれもやめてほしいです。というか、人にもよるのですが、
あまりにも塗りたくっている人っていますよね。

遠目で見る分には映えるのですが、近くでみたら、

「うわ、何これ?」

って思ってしまいますよね。

あれもあまり男ウケはよくありません。

3.厚塗り化粧

これは女性どうしてもウケはよくないはず。

4.ネイルアート

これ、一番男ウケ悪いんじゃないでしょうかね。

あのツメで料理とかを作っていると想像するとちょっとゾっとしてしまいます。